» 事業紹介 | Farm&Gardens

事業紹介

お庭のトータルサービスを提供しています。

設立以来、年間400件以上の現場で植栽に向き合ってきて分かったこと。それは、植栽管理の現場を知らずに作られた植栽が意外とたくさん存在するということです。私たちは植栽管理のプロフェッショナルですが、コンサルティング・設計や施工など、より上流の工程にも対応しています。私たちに課せられた「植栽を一年中美しく保つ」という使命のために、あえて上流工程に立ち戻り、植物が活き活きとする植栽を作成します。

事業紹介_コンサルティング・設計_Farm&Gardens(ファームアンドガーデンズ)

1. コンサルティング・設計

建築の設計は建築士という職業があり、造園の設計もランドスケープアーキテクトという職業があります。実際に設計事務所で勤務していた経験からも言えるのですが、その図面作成の多くは今はパソコン上で完結することが多いと思います。使用する植物も図鑑やネットから選んでいました。

しかし、今現場で実際に植物と向き合っていると、図鑑に日影が好きな植物と書いてあっても以外に日向で使えるもの、その逆もあったりと生き物の強さには本当に驚かされます。年間800案件以上の物件で植物と会話していると、その地域、風土、土壌、に適した植物が見分けられるようになります。

私たちは図鑑には載っていない情報を持っています。枯れない、虫が付きにくい、メンテナンスがかからない、ご近所にも住民の方にも喜ばれる植栽空間。建築の設計事務所、ゼネコンの設計部の方にそんな空間をご提案したいと考えています。

事業紹介_施工_Farm&Gardens(ファームアンドガーデンズ)

2. 施工

適正な植物で、かっこいいデザインを行っても、施工する側に知識と技術がなければ報われません。私たちは竣工間もない物件で多くのその惨劇を目の当たりにしてきました。深く植えられすぎた植物。植えられずに単においてあるもの。植物には植えてほしい高さがあるのです。適正に植えられているのに枯れるものの多くは、土壌に問題があります。粘土質だったり、礫や石、コンクリート片が埋まっていたり。掘ってみると色々驚くことがあります。

造園工事は竣工間際の最後の仕事で工期がないことが多く、致し方ないことも知っています。しかし、土の改良、植え方をおろそかにすると、必ず後で植え替えする羽目になります。私たちは、デベロッパーやゼネコンの工事部の方のそんなリスクを回避できる施工術を知っています。

事業紹介_管理_Farm&Gardens(ファームアンドガーデンズ)

3. 管理

植物はそれぞれ違った時期に花の準備をし、違った時期に咲き、花が終わった後には全力で実をつけて子孫を残そうとします。頑張ったねとその疲れた体に肥料を与えます。また、土壌がよくなかったり、環境に適していなかったりすると病気になり、その弱った体には虫が付きやすく、お薬が必要になります。回復力が強い樹木、弱い樹木、夏に切ってほしい樹木、冬に切ってほしい樹木。変なところで切るとへそを曲げて暴れる樹木、そのまま枯れる樹木。同じ種類でも生きている環境で本当に違う種類のように管理は複雑で面白い。

私たちは、本当に植物が大好きな人が集まった会社です。何とか長く生きてほしい、きれいに咲いてほしい、病気にならないでほしい、住民の方々に喜んでもらいたい。

植物を大切にしたいすべての方々のお役に立ちたいと日々頑張っています。

事業紹介_造園大学校構想_Farm&Gardens(ファームアンドガーデンズ)

4. 造園大学校構想

将来何歳まで今の会社に勤めるか?その後の人生をどう過ごすか?私たちと一緒に働いている60歳以上の方々のほとんどは当社が初めての造園屋です。皆さん色々な職業肩書を経験されてきた人生の大ベテラン。そんな方に最後に腕に技術を持って生涯現役で働きませんか?というのが、この造園大学校構想です。

即戦力となる為の実践造園技術、また、ご自身で顧客を開拓する営業スキル、個人事業主として開業するための経営スキル。すべてを短期間で習得してもらい、生涯現役として働き、生きがいを作る手法の一つとして「実践造園学」を身に着けてもらいたいと考えています。2020年には構想を現実のものにしたいと着々準備中です。